マットレスとマットレストッパーは素材は同じでも使い方は違う

「マットレス」と「マットレストッパー」の違い

 

寝具を選ぶ時に失敗してはならないのが「マットレス」と「マットレストッパー」です。

 

どちらも同じ素材が使われていますが、同じ寝具ではなく使い方や効果が異なります。

 

そのため、間違って利用をすることで、「疲れが取れない」や「腰痛に悩まされる」など、自分に寝具が合わないことがあります。

 

マットレストッパーは今ある寝具の寝心地を改善させる効果があり、「自分に合わない寝具を使っている」人向けの補助用品でもあります。

 

この記事では「マットレスとマットレストッパーの違い」が分かるだけでなく、「あなたにはどちらが必要か」が分かるようになっています。

 

特に腰痛マットレスを探している人はご覧になっておくのをおすすめします。

 

マットレストッパーとは

 

マットレストッパーとは寝具の補助用品で寝心地を改善させる為の物です。

 

寝具で自分に合うのは体型や体重で変わるので、事前にどれが良いか完璧に選ぶのは不可能でもあります。

 

そのため、いざ使ってみると「柔らかすぎる」ことや「硬すぎる」ことで、目覚めても「疲れが取れない」や「腰痛を感じる」などのことがあります。

 

そんな時に使えるのがマットレストッパーで寝心地を改善させることで、自分に合うように変更させることです。

 

また、寝具は使っていけばだんだんとへたるようになりますし、何年もたてば自分の体型が変化をすることもあります。

 

そのため、マットレスや敷布団を使用していて、寝心地が自分に合わないと感じた時に使えるのが「マットレストッパー」なのですね。

 

マットレストッパーだけで寝る

 

マットレストッパーだけで寝るのはあまりおすすめすることはできません。

 

もともと、マットレストッパーは「マットレス」や「敷布団」と違い、補助用品となっているので「厚さが薄い」ことにあります。

 

そのため、マットレストッパーだけで寝るとフローリングや畳の「床の底付き感」があったり、「体圧分散が上手く行われない」などの可能性があります。

 

特に低反発だと潰れてしまうので、厚さが3cmから8cmぐらいまでしかないので、単体で寝るのはおすすめできません。

 

「マットレス」や「敷布団」の上に敷いて、寝心地を改善させたい時に使うようにしましょう。

 

マットレスとマットレストッパーの違いは使い方

 

「マットレス」と「マットレストッパー」の違いは2つあります。

 

  • 寝具の使い方
  • マットレスの厚さ

 

どちらも同じ素材が使われているので、両方ともマットレスとして販売がされていることも多いです。

 

違いは「厚さ」が違うことによって、「寝具の使い方」が変わってきます。

 

マットレスの使い方

 

マットレスの使い方は「床」や「ベッド」の上に直接敷いて寝る寝具用品です。

 

  • 畳の上
  • フローリングの上
  • クッションフロアの上
  • ベッドの上

 

単体で敷いて使える寝具となっているので、マットレスの厚さは体圧によって潰れても、底付き感がでないように10cm以上になっています。

 

高級マットレスだと18cmや25cmのように極厚になっていき、厚みを増すほどその間に特殊な素材が使われたりと、価格も高くなる傾向にあります。

 

ようはマットレスは床やベッドの上に直接敷いて使えるようになっている寝具なのですね。

 

マットレストッパーの使い方

 

マットレストッパーの使い方は今の寝具の上に敷く補助用品です。

 

  • マットレスの上
  • 敷布団の上

 

そのため、厚さは3cmぐらいから5cmぐらいのがほとんどとなっており、極厚のでも8cmぐらいまでとなっています。

 

「寝具の上に敷いて寝心地を改善させる」為の使い方なので、マットレスとは違い薄くなっているのですね。

 

マットレストッパーが選ぶと良い人

 

マットレストッパーを選んだ方が良い人は下記の5つのいづれかに当てはまる人です。

 

  1. 疲れが取れない
  2. 朝に「腰痛」や「背中が痛い」と感じる
  3. 寝心地を柔らかくしたい
  4. 寝心地を硬くしたい
  5. マットレスにへたりがでてきた

 

特に@番やA番のように、寝具が自分の体型に合わないようなら、マットレストッパーを利用した方が良いです。

 

マットレスはスプリングが入っていたりと、新しいのに買い替えるにしても、廃棄料金が高かったりもします。

 

そのため、マットレストッパーを使用すれば寝心地を改善させれば、今使ってるのを捨てずに活用することができるのですね。

 

まとめ

 

マットレスも敷布団も使用を続けていれば、劣化による「へたり」や体型の変化により「自分に合わない」ようになります。

 

そんな時に必要となるのが薄いマットレスである「マットレストッパー」で寝心地を改善させることなのですね。

 

自分に合わない寝具で寝れば「疲れが取れない」や「腰痛を感じるようになる」等のことが起きます。

 

そんな時はマットレスを買い替えるのも良いですが、トッパーを購入して今使っている寝具の上に敷けば良いのですね。

 

ただ、最近では安い腰痛マットレスなども販売がされているので、最初からマットレスを買い替えを検討してみるのも、良いのではないでしょうか?

 

自分に合わないと寝具で悩まされてる人は「腰痛マットレス」についての記事も一緒にご覧ください。

 

腰痛マットレスは体型で選ばなければ騙されて失敗する